根管治療(根っこの治療)

根管治療とは、重度に進行した虫歯菌によって感染を起こした神経や血管、汚れを取り除くことで歯を保存する治療です。
感染したままにしておくと、虫歯菌によって根の中の神経や血管が壊死してしまい、歯を残すことが出来なくなります。
根管治療は、患者さん自身の歯を抜かず”残す”ために行うとても大切な治療方法です。

根管治療(根っこの治療)の種類

根管治療には次の2つの種類があります。

抜髄(神経を取る治療)

虫歯が重度に進行し、虫歯菌によって感染してしまった神経・血管・汚れを取り除き根っこの中をきれいにしてから、薬剤を充填します。

感染根管治療

虫歯菌による感染によって壊死してしまった神経や血管、汚れを取り除く治療です。
また、以前に根管治療をおこなった歯が再び感染を起こし炎症やお痛みが出た時に行います。
この場合は、被せ物や土台、以前に詰めた薬剤を取り除いてから行います。

根管治療(根っこの治療)の流れ

  1. 根管の中から神経や血管、汚れを取り除きます
  2. 専用の器具を使用し根管の長さを正確に計測します
  3. 徹底的な洗浄を行い化学的に汚れを洗い流します
  4. 薬剤を根管の中に入れ仮蓋をします
  5. 次回、根管の中の汚れを確認します

当院の根管治療の特徴

使用機材

当院では世界基準での最高レベルの根管治療機材を使用した根管治療を行っています。
「トライオートZX2プラス」と「ボルテックスブルー」/「プロテーパーゴールド」の2種類のニッケチタンファイルと「ソルフィーF」を使用しての超音波による根管形成/拡大/洗浄や、「ルートZX3」にてHFC(高周波通電)を行うことで根管内外の感染組織や汚染物質の焼灼を行い、より高い精度で幅広い症状や症例に対応します。

「トライオートZX2プラス」は歯科多目的治療用高精度コードレスモーターで熟練した術者の細かな動きを再現し、これ一台で穿通・グラインドパスを含む根管拡大形成を根管測定機能との連動により、より速く正確に根管治療を行います。

「ボルテックスブルー」は次世代ニッケルチタンファイルで、細い根管/湾曲が強い根管においても高い追従性を発揮し、デンツプライタルサ社独自の熱処理工程を採用し天然歯の根管形態を維持しながら正確な根管形成/拡大を行います。

「プロテーパーゴールド」は次世代ニッケルチタンファイルで、予知性の高いテーパー形成を生み出すシェービングとフィニッシングファイルからから構成され理想的な根管形成/拡大を行います。


「ソルフィーF」は多様な機能を併せもつ超音波スケーラーです。各チップごとに自動的に適した周波数で駆動させ、25段階のパワーレンジにて幅広い症例の根管形成/拡大/洗浄を正確に行います。

「ルートZX3」は根管長測定機能付き高周波モジュールで、高周波通電によりチップ電極の先端部と接触した部位を発熱させる事で感染組織の焼灼をおこない感染組織を消滅させる最先端の根管治療機材です。

感染物質の徹底的な除去

感染物質や細菌のかたまりを徹底的に除去します。感染物質を取り残したまま治療を終えると、数年後に痛みや腫れが生じ再治療の必要性が出てきます。
しかし、目に見える汚れは確認できますが、細菌や炎症性物質は目視で確認が出来ません。
そこで当院では、薬品を使用し陽性反応がある場合は、次の治療のステップに進まずに再度、根管治療を行います。
治療の回数は増えてしまいますが、陽性反応が無くなるまでは治療を繰り返します。

消毒方法

当院では切削器具では除去できない細菌/ウイルスを世界基準最高クラスでの徹底した細菌除去をケミカルで行います。
次亜塩素酸ナトリウム水溶液(有機質溶解剤)とEDTA(無機質溶解剤)の2つの薬剤を用いて、それぞれの薬剤の特性/特徴を活かして徹底した細菌除去を行っています。

次亜塩素酸ナトリウム水溶液は強力な抗菌作用と抗ウイルス作用があり、細菌/真菌/ウイルスに有効であり最も効果的な根管洗浄剤となります。
当院では歯質へのダメージが最小に抑えられ効果を最大限に発揮できるよう3%の次亜塩素酸水溶液を使用しています。

EDTAは根管象牙質内のカルシウムイオンと結合し象牙質を脱灰することにより、根管内にあるスミヤー層や無機質を除去します。
当院ではゲル状のEDTAと液体状のEDTAの2種類の性状の異なるEDTAを使用することにより、EDTAの作用を最大限ひきだします。
当院では歯質へのダメージが最小に抑えられ効果を最大限に発揮できるよう17%のEDTAを使用しています。

使用方法としては…

  • 次亜塩素酸水溶液とEDTAをそれぞれ単体で根管内に満たしてのマイルドな洗浄
  • 次亜塩素酸水溶液とEDTAをそれぞれ単体で根管内に満たしてから超音波を、使用しキャビテーション効果を利用した洗浄
  • 次亜塩素酸水溶液とEDTAの交互洗浄

の3つの洗浄方法で行います。

不適切な根管治療を行えば、その後どんなに適合のよい被せ物・高価な被せ物をしても、長持ちしないばかりか数年後に歯を失うことになってしまいます。
歯を一本失うと、隣の歯や反対側の歯の負担が増えお口の中に大きな影響を及ぼします。
つまり、お口の健康を保ち、これからも美味しいものを美味しく食べるためには、根管治療はとても重要です。

レーザー治療について

神経の走行は枝分れしており、通常の洗浄では行き届かないところがああります。
当院ではレーザー照射により、より奥まで殺菌・洗浄・乾燥を行うことも出来ます(詳細はスタッフにお問い合わせください)。

根管治療を「行わない」ようにするために

多くの場合、進行してしまった虫歯を治療するために根管治療を行います。
定期的な検診やクリーニングを行い、虫歯の早期発見が行われていれば「する必要がなかった」根管治療に遭遇してしまう事は珍しくありません。
根管治療が必要になるまで虫歯を放置してしまうと、初期段階の虫歯治療と比較し、何度も歯医者に通わなければならず、患者さんの時間的・金銭的負担がかかってしまうのです。
五反田エヌ・エイ歯科クリニックでは、そのような状態を避けるために、定期的な検診・クリーニングを行う事をお勧めしています。

根管治療のご予約について

ご予約はWEBお電話(03-3779-7660)にて承っております。
診療方針等のご相談や、セカンドオピニオンなども承っておりますので、お気軽にご連絡ください。