歯間ブラシの使い方は注意が必要!ブラックトライアングルについて

皆様こんにちは院長増村です。
歯を一生懸命頑張って磨いている方、沢山いらっしゃると思います。
歯を磨くことは大切です。
なぜ歯を磨くか…それは歯垢を取り除くことを目的に歯を磨くのですが、歯ブラシ圧が強すぎていませんか?
強く磨きすぎると、歯茎が下がってしまったり、歯が沁みる知覚過敏の症状が出てしまうことがあります。
歯ブラシでは磨けない歯と歯の間のお掃除にフロスや歯間ブラシを使う事もよく歯医者さんで勧められると思うのですが、『ブラックトライアングル』という言葉を聞いたことはありますか?

ブラックトライアングルとは、歯と歯、そして歯ぐきの間にできるトライアングル状の隙間です。
この隙間ができる直接の原因は歯ぐきが下がるために起こります。
加齢や歯周病、歯の形態、また歯列矯正をした場合にも起こるのですが、歯ブラシを強く当てすぎたり、歯間ブラシを使いすぎて起こることがあります。
歯間ブラシは歯と歯の間に通しますが、その歯間ブラシのサイズが合っていないと、歯ぐきが下がる原因になります。
特に前歯に歯間ブラシを使用すると、その隙間が影に暗く見え見栄えも悪くなり、横から物が詰まりやすくなってしまいます。
歯にいいと思って使っていたのにブラックトライアングルになってしまうことは避けたい事と思います。

歯間ブラシにも沢山の大きさの種類が実はあり、お口の中の状態に応じて正しいサイズを正しく使う必要があります。
歯間ブラシでのお掃除が必要な状態なのか、フロス(糸ようじ)の方がいいのかなどご自身で何がベストなお掃除方法を把握するのは至難の業です。
普段から歯間ブラシやフロスを使っての歯磨きをされている方もぜひこの機会に当院にご来院頂き、ご提案させて頂けたら幸いです。

五反田駅3分の歯医者、五反田エヌ・エイ歯科では、皆様のご来院を心よりお待ちしております。
WEB予約
電話予約 : 03-3779-7660
GoogleMap