子供の歯科検診

こんにちは五反田駅3分の歯医者、五反田エヌエイ歯科の増村です。
子供の口腔衛生は、大人以上に大切です。
一生涯の健康に大きな影響を及ぼしますので、お子様に最初の歯を生え始めた時、または1歳になる頃から歯科検診に通い始める事をお勧めいたします。

*早期の検診は、虫歯のリスクを減らし、良好な口腔衛生習慣を確立するのに役立ちます。
*親御様に適切なブラッシング方法やフッ素の使用などのアドバイスをご提供できます。

お子様の検診の内容は、歯の成長と発達、歯垢の有無や、虫歯、また虫歯の兆候をチェックをします。(年齢に応じてクリーニングもしくは歯磨きをし、親御様と相談しフッ素塗布も可能です)

検診を受けて頂くことによりトラブルの早期発見ができ、初期段階で最小の治療を行う事ができます。
適切な口腔衛生習慣をお伝えしますので、お口の中のことで何か心配な事や不安な事がありましたら検診時にぜひご相談ください。

歯科検診の重要性

  1. 定期的な検診によって、子供の口腔衛生の状態を継続的に把握することができます。
  2. 虫歯の予防→大人と全く同じで、定期的なクリーニングとフッ素塗布は、虫歯を予防する効果があります。
  3. 子供が歯科検診を定期的に受けることは、一生続く健康な口腔衛生習慣を育むのに役立ちます。→小さいうちから歯医者さんに慣れ、早いうちから正しい磨き方を身につけること、習慣化させる事は歯の健康寿命に大きく差が出ます。

親御様にお願いしたい事

  1. 歯科検診の重要性をお子様に伝える→歯医者の重要性についてお子様に教え、前向きな気持ちを育むことが大切です。
  2. 歯のケアのお手本となる→親御様が適切な口腔衛生習慣を実践することで、お子様もそれを見習います。
  3. 正しい口腔衛生の習慣を教える→検診時に正しいブラッシングの方法をお伝えしておりますが、ご自宅では親御さまからお子様に教え、仕上げ磨きとチェックをすることが重要です。

歯医者への恐怖

初めての場所、歯医者さん対して恐怖を感じることは、大人でも十分にあるのでお子様はよりあるのは当然のことと思います。
初めての歯科診療を楽しくポジティブな経験にすることで、今後の歯科検診への抵抗感を軽減する事ができます。
当院では、お子様に合わせて、検診内容を変えています。1番大切なのは歯医者さんは怖くない、嫌じゃないと思ってもらえる事です。最終目標は、歯医者さんは楽しい場所と思ってもらえる事です。
その為、基本的な考え方として恐怖心の強いお子様に無理に検診を進めません。最初は歯医者さんの空間に慣れて頂くことから始め、ステップを踏んで検診を行います。
モニター画面は好きな動画を流しながら行い、ご褒美のガチャポンのご用意をしておりますので、少しでも早く歯医者さんに来ることが苦にならによう工夫しています。

子供の歯で気をつけたい事

乳歯の虫歯
乳歯は永久歯(大人の歯)よりも弱い為に虫歯になりやすく、虫歯の進行もとても早いため、、適切なケアが必要です。
指しゃぶりやおしゃぶり
持続的な指しゃぶりやおしゃぶりは、歯並びに影響を及ぼす可能性があります。

まとめ

幼少期の口腔ケアは「一生物」です。お子様もぜひ、検診にいらして下さい。