口臭の原因「舌苔」のケア

「お口の中、綺麗にしてますか?」という聞かれると、多くの人は歯磨きやデンタルフロスを連想するかと思います。
しかし、舌のケアもとても重要なのです。
今回は「舌苔」とそのケアについてご紹介します。

舌苔って?

舌苔と書いて「ぜったい」と読みます。
食べ物ののここりカスや、細菌・死んだ細菌や細胞が歯の表面に蓄積してできる黄色っぽい層です。生物学的な苔というより、お風呂の水垢みたいなものですね。
どんな人でも舌苔がそんざいしますが、蓄積し過ぎるとトラブルを起こすことがあります。

舌苔が引き起こすトラブル

先ほども説明したように舌苔は「汚れ」です。しかも有機物を多く含んだ汚れなので、細菌の大好物です。細菌が増えると、多くのトラブルにつながります。

口臭
増えた細菌が汚れを分解することで、異臭を発します。
歯周病
増えた細菌が歯茎にまで影響し、歯周病の原因となります。
味覚低下
細菌が原因ではありませんが、舌苔そのものが味蕾を覆ってしまう事で、味を感じにくくなる事があります。

舌のケア方法

舌ブラシ
舌ブラシや舌クリーナーで舌の表面を掃除します。舌の根本から先端にむかい、軽くブラッシングしましょう。ゴシゴシこする必要はありません。
柔らかいブラシから硬いブラシ、スクレーパーつきなど様々ですから、ご自分で使いやすい物を探してみましょう。
口腔洗浄液
市販の口腔洗浄液で細菌・汚れを洗い流す事で口腔内環境を改善する事ができます。

舌苔を溜めにくい生活習慣

日頃のちょっとした工夫で舌苔が溜まりにくい口腔環境を作ることができます。

水分をこまめにとる
口腔内の乾燥は舌苔が蓄積する原因となります。適切な水分量をとりましょう。
食生活
砂糖や加工食品は細菌の大好物です。健康的な食生活を心がけましょう。
歯科検診
あまり意識したことはないかもしれませんが、歯科検診でま舌の健康状態もチェックしています。