お知らせ

「痛くしない」治療について

いつも五反田エヌ・エイ歯科クリニックをご利用いただきありがとうございます。
歯医者では治療前に麻酔注射を打つのが一般的ですが、その注射自体に痛みを感じたことのある方も多いと思います。

その痛みも感じないよう、五反田エヌエイ歯科で工夫しているポイントをご紹介します。

1、表面麻酔薬の使用

1つ目のポイントは、表面麻酔薬を使用すること。
麻酔注射は、多くの人が不快感や痛みを感じることがありますが、表面麻酔薬を使用することで注射時の痛みを軽減することができます。
当院では麻酔注射を打つ前に、ペンレステープと言う表面麻酔薬を歯茎に塗布し、数分待ってから麻酔注射を行うことで、注射の痛みを最小限に抑えることを心がけています。

2、麻酔薬を人肌の温度で使う事

麻酔の温度が体温より冷たいと、違和感・痛みを感じてしまう刺激となってしまいます。当院では、麻酔薬を人の体温まであたためて利用しています。

3、細い針の使用

2つ目のポイントは、細い針を使用すること。
皮膚の表面には痛みを感じる「痛点」があり、針がその痛点に触れると痛みを感じます。
その際に細い針を使用すると、皮膚や筋肉を貫通する力が小さく、注射の痛みを軽減できるという仕組みです。

当院では麻酔注射の際に細い針を使用し、患者さんの痛みを軽減できるよう努めています。

4、緩やかに正確に打つ

3つ目のポイントは、注射を緩やかに正確に打つこと。
麻酔液を一気に注入すると、薬液の浸透圧によって痛みを感じることがあります。
そのため、緩やかに注射することで痛みを最小限に抑えることができます。
また、麻酔液を注入する位置と深さが正確であることも重要です。

注射を誤った位置に行うと痛みを感じることがあるため、研鑽を重ね細心の注意を払って注射を打つようにしています。

このような工夫によって、患者さんにできるだけ痛みを感じさせないような治療に取り組んでいます。
今まで歯医者に行って痛みを感じたり、それが原因で行くのが嫌になったという経験がある人は、ぜひ一度ご相談ください。
患者さんにとって、快適で最適な治療を行えるよう、スタッフ一同日々研鑽してお待ちしております。

<エヌ・エイ歯科クリニック スタッフ一同より

「歯が痛い」「歯茎が沁みる」など、お口周りに違和感を感じたらお気軽にご相談ください。
皆様のご来院、心よりお待ちしております。

TEL:03-3779-7660   Web予約はこちら

五反田エヌ・エイ歯科では、これまで15,000名以上ご来院いただいた感謝を込めて、15分無料検診を行なっています。「しばらく歯医者に行っていないから気になる」「少し歯に違和感がある」「試しに確認してみたい」「検診と一緒に治療の相談に乗って欲しい」など、どんな理由でも歓迎いたします。期限は2024年3月末までを予定しておりますので、この機会にぜひご予約頂けると幸いです。