ガムで虫歯の予防ができる?

こんにちは、院長の増村です。

 ガムをよく噛むと虫歯にならない!という話を聞いたことがある人、いらっしゃるのではないでしょうか。今日はガムと虫歯についてお話します。 

 

ガムを噛むと虫歯になりにくいのは何故か?

まず、虫歯を予防するのに大事なのは唾液です。

ガムをよく噛むと口内に分泌される唾液の量が増えるのが分かりますよね。

唾液には歯が溶けだすのを防いでくれる効果や酸性にかたむいていく細菌をしずめる効果があります。

細菌の影響で虫歯になるので、唾液の分泌は虫歯を予防する上で非常に重要な役割をはたしています。

ただ単にガムを食べれば良いのではなく、糖分を含んでいないガムを食べるようにしましょう。

 

キシリトールの虫歯予防効果

また、虫歯予防のガムといえば、キシリトールガムが有名ですよね。

 

フィンランドでは、歯磨きやフッ素の他にキシリトールを食後に摂ることで、国民の虫歯を激減させることができたそうです。

このことから、キシリトールは虫歯予防に効果があると考えられています。

 

その理由のひとつは、「キシリトールは虫歯の原因にならない」ことです。

キシリトールを摂取しても、お口の中の細菌は虫歯の原因となる「酸」を産生することができません。

さらに、プラーク中の酸を中和し、虫歯の進行を抑える作用も持っています。

 

ふたつめの理由は、キシリトールが「虫歯の発生、進行を防ぐ」ことです。

キシリトールは、虫歯の大きな原因とされるミュータンス菌の活動を弱める働きがあります。

また、キシリトールによって、虫歯の原因となる歯垢(プラーク)が歯につきにくく、剥がれ落ちやすくなることも知られています。

さらに歯の再石灰化を促して歯を強くする効果もあります。

 

最後に

ただ、これは虫歯予防のうちの一つの手段です。

毎日歯をみがきをしたり、歯医者さんで定期検診やクリーニングを受けたりなど、しっかりとしたケアをすることがとても大切です。

 

当院は五反田駅徒歩3分にございます。

五反田、西五反田にお住まいの方や五反田にお勤めされている方など、どなたでもぜひお気軽にお越しください。

お待ちしております。