歯が抜けてしまう!?歯周病について解説します。

みなさん、こんにちは。
歯周病という言葉は聞いたことがある方が多いかと思います。

歯周病は気づかぬうちに進行し、最悪の場合、歯が抜けてしまう恐ろしい病気です。
今回は、歯周病予防の第一歩として、歯周病につい説明します。

歯周病とは


歯周病とは、細菌の感染によって引き起こされる炎症性疾患です。
実は日本の成人の80%が歯周病を患っていると言われています。

ブラッシングが充分でなかったり、砂糖を過剰に摂取すると細菌がネバネバした歯垢(プラーク)を作り出し、歯の表面にくっつきます。
歯垢(プラーク)には1mgあたり10億個の細菌が住みついていると言われており、細菌によって歯肉に炎症をひき起こし、やがては歯を支えている骨を溶かしていく病気を歯周病といいます。

歯周病の進行は結果的に歯を失う原因となります。
しかし、悪化しているという自覚がしにくく、腫れたり引いたりを繰り返すうちに、それが日常化してしまい、軽症だと思い込んでしまう方も多いので注意が必要です。

さらに歯周病が進むと免疫力の低下にもつながり、感染症にかかりやすくなるリスクも含んでいます。
歯周病予防は、感染症予防対策としてもとても有効です。

 

こんな症状は歯周病かも?


みなさん普段の生活でこんな症状ありませんか?

  • 朝起きたとき、口の中がネバネバする。
  • ブラッシング時に出血する。
  • 口臭が気になる。
  • 前歯が出っ歯になったり、歯と歯の間に隙間がでてきた。食物が挟まる。

これらに心当たりのある方は要注意。歯周病の可能性がありますので歯科医の診察を受けてみましょう。

まとめ


いかがでしたでしょうか?
体の健康を維持するためにも、この機会に一度検診に来てみませんか?

五反田エヌ・エイ歯科では、みなさまのご来院を心よりお待ちしております。