「歯の神様」とは

こんにちは。

みなさんは、『歯の神様』の存在をご存知ですか?日本は八百万の神という言葉があるだけに様々な物に神様がいますが、歯にも神様がいます。

 

『歯の神様』とは


『歯の神様』の信仰が始まったのは、江戸時代中期~後期頃と言われています。
今では、歯科医院の数はコンビニの数の約1.5倍あると言われるていますが、当時は、殿様・武将・豪商など、一部権力者たちのお抱えの「口中医」という療術者がいるのみで、歯医者さんというのは一般庶民にとって無縁の存在でした。

明治時代になるまでは歯痛は我慢をするか、草木や水を使った民間治療しかなかったそうで、自己流の治療で命を落としてしまった人もいたと言われています。
どこで、庶民の歯痛対処法の一つとして生まれたのが歯の神様の信仰、つまり「苦しい時の神頼み」です。

現在でも、残っている風習の一つに「上の歯が抜けたら縁の下へ、下の歯が抜けたら屋根の上に投げろ」というのがあります。
地方によっては「ネズミの歯に生え変われ」とか「鬼の歯に生え変われ」と言いながら投げるというもので、いずれも丈夫な歯に生え変わってほしいという心情から生まれた言葉なのではないでしょうか。

歯の痛み・悩みを癒す目的で祈願などをする神社・仏閣・石像などの数は、全国で約300ヶ所くらい存在すると言われています。
地方によって祈願や報謝の方法などが異なっているるそうです。

 

まとめ


現代は、歯が痛いときは、歯科医院で治療ができる時代ですが、歯が痛くならないように祈願をしにいくのは良い効果があるかもしれませんね。
歯が痛くなってしまったときは、エヌ・エイ歯科クリニックにお気軽にご相談ください。