2017年3月20日

矯正歯科 原因(理由)

歯の形や大きさ、色、そして顎の形といった生まれつきの要因に加え、唇や舌の動かし方や日常のふとしたくせ(ほおづえや爪を噛む動作など)でも、歯並びに大きな影響を与えてしまうことがあります。

矯正というと、多くの方は「見た目をよくするもの」と思っていらっしゃいますが、効果はそれだけではありません。一例を挙げると、正しい歯並びになることで、しっかり噛めるようになるので、口内をキレイに保つ働きを持つ唾液がたくさん出るようになり虫歯や歯周病になりにくくなりますし、噛む回数が増えるので満腹感を感じやすくなり痩せてくる方も。

また噛むことで、ストレスは軽減されたり、脳への血液循環が活発になり記憶力がよくなることも報告されています。

正しい歯並びは、見た目だけでなく、体全体の健康にも寄与するのです。