2017年3月20日

審美歯科 原因(理由)

多くの方が気にする歯の黄ばみは、加齢や日常的な歯の汚れや食べ物(色の濃い食べもの)や飲み物(コーヒーやワインなど)着色で起こります。こうした黄ばみや染色を取り除き、自然な歯の白さを取り戻すのが「ホワイトニング」です。白い歯は思った以上に周りの人に清潔感を与え、ご自身に自信を与えてくれるものです。

また、保険適用内での虫歯治療では「銀歯」にすることが多いのですが、見た目の悪さもさることながら、実は時間が経つにつれて銀歯と残った歯との間に隙間があき、二次虫歯になるリスクも高くなってしまいます。これを解決するのが「セラミックインレー」「ハイブリッドインレー」などの詰め物。周りの歯とよくなじみ、表面がつるつるしているため、虫歯にもなりにくいのです。

このように審美歯科と言うと、「見た目のため」と思われがちですが、見た目を美しく保つことで気持ちが前向きになり、さらには、健康な口内を保ちやすくするという効果もあるのです。