2016年11月1日

診療内容 口腔外科

口腔外科とは、口の中、そして顎、顔、その隣接組織における先天性および後天性の疾患を扱うものです。

この診療範囲は非常に広く、歯が原因で起こるものから、交通事故、ケガなどによる疾患、口腔粘膜疾患、神経性疾患、口臭症などの内科的疾患も含まれます。

非常に身近な例だと、親知らず、口内炎、顎関節症、口内のおできなども口腔外科の対象となります。

こうした疾患は、痛みはもちろん、通常の会話のしにくさ、食事のしにくさなど日常的な悩みを生みます。しかし、きちんと治療することで、痛みや食事、会話・発音のしにくさなどが改善され、普段通りの生活に戻ることができることを目指します。

また、稀なケースではありますが、口内炎だと思っていたら口腔内のガンが発見されたというケースも。自己判断をせずに、少しでも気になることはぜひ当院にご相談ください。

原因(理由)

治療方法