2017年3月20日

入れ歯 治療方法

もし、入れ歯を作ることになって場合は、まずは、虫歯や歯周病の治療から行います。その後に、かみ合わせ、歯並びなどをじっくりチェックしながら、入れ歯を作っていきます。
入れ歯は毎日使うものですから、その使い心地も大事。ということで、何度もかみ合わせのチェックを行い、装着時に違和感がないかどうか、発音がしにくくないかなどを確認しながら進めます。

なお、保険適応の入れ歯は、ピンク色のレジンと呼ばれるプラスティックでつくられたもの。保険がきくことと、壊れた際の修理がしやすい点は優れていますが、入れ歯を入れた当初は違和感が強い傾向があります。
他にも保険適応外にはなりますが、いくつかの入れ歯の種類がありますから、ぜひみなさんのご予算とご要望をお聞きしながら、ベストな入れ歯を見つけていきましょう!