2017年3月20日

入れ歯 原因(理由)

入れ歯になってしまう要因の多くは、虫歯や歯周病です。これらはプラークと呼ばれる細菌のかたまりが影響していますから、入れ歯にならないようにするためには、普段からの歯磨きが非常に大事となってきます。

また、初期の虫歯、初期の歯周病の場合は簡単な治療ですみますし、入れ歯になるようなことはありません。ですから、普段からのていねいな歯磨きとともに、こまめな歯科医院での検診が入れ歯にならないための方法となってきます。

当院でも正しいブラッシングや正しいオーラルケアの方法をお伝えしていますから、ぜひご相談ください。