2017年3月20日

診療内容 入れ歯

虫歯や歯周病などで歯が失われてしまったとき、その歯の代替となるものが入れ歯です。プラスチックと人工的な歯との組み合わせで作りますが、「部分入れ歯」と「総入れ歯」に大別できます。

「総入れ歯」も「部分入れ歯」も、保険適応内でつくることができますし、最近は痛くない入れ歯もできてきており、ライフスタイルやご要望に合わせていろいろご提案させていただくことができます。

しかしどんなによい入れ歯もご自身の歯には適いません。噛む力もどうしても低減してしまいますし、お手入れの手間もかかります。ぜひ、普段のオーラルケアを大事にし、自分の歯でずっと噛むことができるようにしたいものですね。

原因(理由)

治療方法