2017年3月20日

診療内容 マタニティー歯科

妊娠中はつわりでいつもより歯をていねいに磨くことが難しくなる方が多いようです。さらに、ホルモンバランスも変わってきますから、歯肉炎にかかる方も少なくありません。

さらに、出産後はご自身の歯の治療の時間も取りにくくなりますから、ぜひマタニティライフのうちに歯科検診を受診し、ご自身の口内環境の整備をしておきましょう。

また、妊娠後期になり、お腹が大きくなってくると、治療中の姿勢が辛くなりがち。安定期に入った5カ月目くらいをメドに検診し、必要ならば治療をスタートするのがおすすめです。

原因(理由)

治療方法