2017年3月20日

ホワイトニング 治療方法

歯のホワイトニングの歴史は実はとても古く、クレオパトラの時代まで遡るといいます。当時は軽石を粉にしたものやワイン酢、はたまた尿を用いてまで歯を白くする努力をしていたようです。

今ではそんなに大変な思いをしなくても手軽にキレイな白い歯を手に入れることができます。

「オフィスホワイトニング」は薬剤を塗付し、レーザーや光を当てて歯を白くするのですが、照射時間は早ければ20秒程度と非常にスピーディな治療が可能です。しかも即効性があり、1回でもその変化を感じていただけるのですが、色が戻ってしまう可能性も少なくなく、当院ではホームホワイトニングとの組み合わせの治療をおすすめしています。

「ホームホワイトニング」はご自身の歯の形をかたどったマウスピースにホワイトニングの薬剤を入れてそのマウスピースを装着することで治療を行います。できれば毎日、2時間程度、2週間くらいかけて白い歯を取り戻していきます。オフィスホワイトニングよりも弱い薬剤を使うため、体への影響はなく、長期間続けることができます。ですから、白い歯を長くキープするのに向いています。