2017年3月20日

ホワイトニング 原因(理由)

そもそも歯の色は、歯の表面にあるエナメル質とその下にある象牙質の色が影響しており、日本人をはじめとする黄色人種はエナメル質が薄く象牙質の色が透過しやすいと言われています。

ただ、それ以上に歯の色の影響を与えるのは、食品や飲料などによる着色汚れや黄ばみです。赤ワイン、コーヒー、ブルーベリー、さらにカレー、ケチャップ、さらにたばこなども歯の色をじわじわと着色してしまうのです。

常に白い歯でいたい!と思っても我々の歯は日々さまざまな着色汚れの素と隣り合わせで生活しているのですから、それをすべて避けて通るのは難しいもの。着色したらホワイトニングする、くらいの気持ちで考えてみてもいいかもしれませんよ。