2017年3月20日

むし歯 治療方法

虫歯の治療は、その虫歯のレベルによって異なりますが、基本方針はできるだけ健康な歯を削らないことを心掛けています。

例えば、まだ穴があいていない初期の場合は、フッ素を塗付し再石灰化をさせ、削らずに処置します。もし、エナメル質まで進行している場合は、虫歯になってしまった部分だけを取り除き修復します。

さらに進行し、象牙質まで達してしまった虫歯の場合は虫歯になってしまった部分をしっかり除去し、型取りして詰め物をします。

もし、あなたの虫歯が神経まで達してしまっている場合は、神経を取り除き、キレイに洗浄し薬を詰めます。その場合は、状況に合わせ、患者様と相談しながら麻酔を使います。2~5回ほどご来院いただく必要があるでしょう。

そして、歯根まで進行してしまった虫歯の場合は、残念ですが抜歯する必要があるケースが多くなりますが、当院ではできるだけ歯を残せるように処置していきます。ですが、どうしても抜歯が必要な場合は、ブリッジ、インプラント、入れ歯など患者様のライフスタイルやお考えを伺いながら、最適な治療をご提案させていただきます。